【ほぼライブ】第4日目(5月3日)ピンクのガネーシャ

今朝のモーチャナ

相変わらず、very low risk で一安心。

昨晩は22時に就寝。かなり疲れていたにも関わらず、今朝も3時前に目が覚めてしまう。なんか体内時計がかなり狂っている感じ!

近所のセブンイレブンで水1リットルと缶コーヒー2缶、そして歯磨き粉を55バーツで購入。

7時の朝食会場オープンと共に朝食。醤油味のパッタイ(米麺焼きそば)は美味しくて、おかわり!

最後のコーヒーは、テラスに持ち出し、ラマ4世通りを行き交う車や人々を眺めながら1杯を楽しむ。

出撃開始! チャチュンサオへ。

アソークからBTSで3駅目のエカマイへ。目的地は昨日パタヤからのバスを降りたエカマイバスターミナル。時刻は8時30分。

チケット売場に入っていくと、18番売場の女性が「おいで、おいで」しながら、「ピンクのガネーシャ」と書かれた看板を指さしている。

窓口に行くと、「10時、OK?」と聞かれて発券。乗車料金は99バーツ(約400円)。チケットにはチャチュンサオのバスターミナルで帰りのチケットを買う窓口番号、チケット裏には帰りの発車時刻を記入してくれて、カタコトの日本語で説明。サービス満点! ちなみに、ピンクのガネーシャは、今のところ、日本人だけに人気があるよう。

チャチュンサオ行きロットゥー(ミニバン)乗り場は10番。

10時前にやって来たロットゥーは、ミニバンのハイエースではなく、乗客20人乗りのマイクロバス。途中、バンコク郊外2箇所に寄って、車内は満席。

ロットゥーに乗って丁度2時間、チャチュンサオに到着。目の前のソンテウの運転手らが「ガネーシャ!」と言いながら手招き。ソンテウには途中でも人が乗り込み、内部どころか、後部のデッキにも立つ人が。

時速60〜70kmで走行するソンテウで約30分で到着。下車してから、運転手に料金40バーツを支払い。

ピンクのガネーシャ

参道には衣料品や野菜をはじめ様々な商品を売る店が並ぶ。

本物のゾウも何頭か見かける
なんか昭和の香りがするオモチャ屋
何だか分からないが、大変高価な魚。
熟れ鮨のよう。

そして、進んだ先にはピンクのガネーシャ!

お願いは、自分の誕生曜日のネズミに。micは土曜日生まれなので、紫のネズミ。お賽銭を入れて、一方の片耳を手で塞いで、お願い事を囁く。

それとガネーシャの前にいる金色のネズミにもお願い。こちらは金運専門のネズミ。

付近にはピンクのガネーシャ以外にも様々な像が・・・

観音様を祀ったお堂も。

しかし、なにか遊園地のような雰囲気。フードコート? みたいな場所もあるし

アチコチにはこんな物も。

ピンクのガネーシャが寝転ぶ台の中はガネーシャにまつわる物品を販売。お守りなど多数あるが、目的のブツが見つからないので、スマホで画像を検索して、店員に見せる。

すると、何処からか多量のブツを持ってきた。

その中から購入したのは誕生日の色である紫のボールペン。

コレ、中には御守。引っ張り出すと・・・

飲み屋でも、学校でも、受けるのは間違いなし。そして職場でも・・・バカにされるのがオチですね!

滞在1時間程で切り上げ、ソンテウ乗り場へ。出発は30分後の14時とのこと。

喉も渇いたので、スプライトを1缶購入。18バーツ。

行きと同様、約30分の14時半にバスターミナルに到着。まずは満員になる前に帰りのチケットを購入。

新しいバスターミナル。
14番窓口でチケット購入。

ワット・ソートン

バスの発車まで、1時間15分。そこで、チャチュンサオのもう一つの見どころであるワット・ソートンへ行ってみる。

外へ出て、タクシーを物色していると、タクシー運転手からトゥクトゥクで行けば良いと言われる。料金を訊くと、60バーツ(約240円)とのこと。バンコクだったら少なくても300バーツは言ってくる!

トゥクトゥクに乗って約10分、距離にして3kmくらい。ワット・ソートンに到着。

タイのお寺の外観は、赤や緑の原色が多いが、ここは白を基調にしており、何となく上品。

外側を1周してから内部へ向かう。お堂の手前には自動検温機。これからのニューノーマルは世界の何処もそんな感じ?

内部には当然、仏像が祀れ、人々が熱心に祈りを捧げている。ちなみに、micも一応仏教徒なので、立ったままだが、仏像に向かって手を合わせる。

滞在時間は約15分。バスに乗り遅れてはいけないので、早めにバスターミナルへ。

付近には客待ちしているトゥクトゥクが数台。客待ちしているトゥクトゥクはボッタクリが多いが、料金問い合わせに返ってきた答えは往路同額の60バーツ。

ドライバーは珍しく女性。このドライバーの運転が物凄い。ローギアでエンジンの限界まで引っ張り、続けてセカンドギアでも高回転まで引っ張るという、加速重視の運転で、少し怖かった!

帰りのロットゥーは定刻より5分早く出発。

micは、車内でここまでの記事を執筆。あとはバンコクに着くまで一休み。

バンコクに着いたのは15時45分。BTSに乗ってホテルへ戻る。

シャワーを浴びて、一休み。

かけがいない読者の皆様、寝不足と疲れている上に、酔っ払ってしまったので、夕食の記事は明日投稿します。てか、統計結果を見ると、今日は閲覧件数ゼロ! 

ということで、休憩後、夕食へ。

今晩の夕食 & 晩酌は?

疲れていて、すぐ酔っ払っても大丈夫なように、宿泊ホテル付近で夕食場所を物色。

そして辿り着いたのが、おしゃれなアソークでのトレンドと言って良い店。ちなみに場所は前日の串揚げ屋の向い側。

内部は、高所得と思わざるを得ない若いタイ人グループやファラン(西洋人)、そして日本人でほぼ満席状態。3席程のカウンターが空いていたので、そこに着席。

日本語で話す人でしたので、顔は隠します

メニューを見ると、前日の店のより高額。

メガハイボール218バーツ
天丼は、カツ丼や焼きそばより安価

日本酒を飲みたいが、日本ならば2リットル800〜900円程度の安酒でも1杯200バーツ (約800円)近い価格のため断念。前日同様、タイ産ウイスキーのハイボールを選択。

串焼き3種、醤油バターコーンの他にイカのゲソ揚げを注文。店員とのやりとりは日本語。ちなみにアソーク付近では店の看板などでも日本語が氾濫。

本日の締めは天丼。

メガハイボールと言っても、SUNTRYのが大きいだけで、中身は氷だらけ。ハイボール自体も薄いので、3杯飲んで、疲れた身体がやっとほろ酔い加減。

カウンター席横のモニターでは、新潟の食紀行を流している。20年近く前に2年間赴任したが、その頃はかなり変化している感じ。まぁバンコクの変化スピードに比べれば遅々たる程度ですが。

よく通ったラーメン屋も紹介されていた

お会計は、1102バーツ(約4400円)。前日の串揚げ屋では明細の入ったレシートをくれたが、ココの店では無し。

ホテルへは、歩いて3分。持参した「いいちこ」で就寝前のブースターショット。

本日の歩行数は2万1500歩。距離にして12.7km。

コメント

  1. 京の弟子 より:

    今日もご満足の1日になられたご様子。なによりです。
    ピンクのガネーシャ!その迫力が伝わる写真ですね。テレビ等で見たことはありましたが、手が4本あるとは初めて知りました。
    で、至急のメールはこれだったのでしょうか。?状態ですが、とにかくありがとうございます。
    おなじみのトゥクトゥク、夜の居酒屋も健在。日本でもおなじみのような居酒屋は、椅子がビールケースで、しかもキリンビール(´∀`)。
    メニューを見ると、これもおなじみ…と思いきや、焼き物に含まれた「たたいめ」。イカの「あたりめ」?でしょうか、少しほっこりします。
    いつもながら、観光(飲酒)中のブログもお疲れさまです。あと数日、楽しい旅をご満喫ください。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました